【ヤマハ】僕が世界最高と思うエンジン【1JZ・2JZ-GTE】

僕が最初に1JZ-GTEエンジンに乗ったのは、まだ学生の頃だったかな・・・

ちょうどJZX81マーク2の事故現状車が出て来たんです。

当時事故車買取店より5000円高く買うという事で55000円で買った。

センターピラーが曲がり、運転席のイスは調整できない、けどもまっすぐ走るというレベルの事故現状車。

それをテキトーに直してバネ取ってドリフト専用車の完成!

で、次も1JZのターボ。合計すると6台も同じエンジンの車に乗ったほど。

f:id:maiami888:20171119133907j:plain

これは最後に乗ったクラウンのエンジンです。

色々試行錯誤をしたのですが、スポーツ走行をするなら電子制御スロットルはJZX100系のワイヤースロットル&パワーFC等にお金を掛けて交換したほうが良かった。

 

今の時代ではタブーだけど僕が20代の頃ってのは、毎週土曜日に埠頭とかに集まりドリフトができた。

ストリートで走るってことは安全マージンを取りつつ、見てる人も運転している人も楽しみたい。

ワイヤースロットルと電子制御スロットルの違いは、ワイヤースロットルならば縁石ギリギリまで寄せられるけど、電スロは困難、スロコン付けても困難。

スロットルコンバートキットは開きだけ強引にワイヤーで開くけど、閉じ側は電スロが生きてしまうので回転落ちが遅いからだ。

 

JZ系エンジンは本体に手を加えなくても、タービン交換に対応するので世界的に支持がある。

ようは大きいタービン、高ブーストでも常用に耐えるということ。

2JZならノーマルタービンでもシーケンシャルを止めて、常時ツイン化すれば本来のパワーが出る。(ノーマルでも400馬力くらい出てるかもしれない)

シーケンシャルツインターボってのは無理やり自主規制の280馬力に合わせるための封印みたいなものだね。

147系アリスト(初代)を借りた時はびっくりするほど運転が楽だった。

アリスト(ノーマル・常時ツイン化)のサーキット走行だけの燃費はトルセンLSDでリッター400メートル位らしいが・・・

比較として90系ツアラーV(4AT)のトルセンLSDだとリッター1キロ、機械式LSDに変えればリッター2~3キロは走るしタイヤも長持ちする。

 

今では旧車になるので乗るにはかなりレストアにお金を掛けないといけないんで、余裕が出たらまた乗りたいね。

f:id:maiami888:20171119141107p:plain